読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメを愛する10人→11人の精鋭「11人のセレソン」が各々の愛するアニメを語ります。

そっそさんの独り言「もし、独りのアニメファンとして打線を考えてみたら?」

どうも!エアロを追い出して30人弱の女とやりたい放題しまくってるワイです!

 

エアロ「イキスギィィ!」

 

さて、そんな一人暮らし生活にも慣れてきた最近。

今回は、もし他者とのつながりのない世界で暮らしていたらどんなアニメが好きかを

考えてみました。そしてそれで打線を組んでみたいと思います。

今回は自分の中の整理のようなものなので、ネタはほぼありません。終始まじめです。

まじめかぐや「お、まてい」←あのさぁ・・そっそさぁ・・

セレソン部長そっその大爆笑記事が読みたい方は

過去の秀逸な記事たちをあたって、どうぞ。

 

 

ポイント1.選定基準は「感動」=見終わった後の喪失感&虚脱感

ポイント2.全体のストーリーよりも、シーンの力

 

上記の2点を要約すると、作品の1番の名シーン、感動的な場面が見てきた中で

素晴らしかった10選、ということになります。

僕の場合、1から10その作品を見直すことはほぼないですが、好きなシーン、話は

何回でも見ちゃうタイプです。要は全体のストーリーとかキャラクターというよりも

どれだけ「魅せられたか?」が焦点となってきます。

そして最大のポイントとなるのが

 

ポイント3. 楽曲(メインはOP)の使い方

これが一番のこだわりですかね~。

音楽の力ってのはやっぱすっごいすよね~。

この3点を中心に、今まで感動した、心にぐっときたアニメトップ10をご紹介。

選定していく中で、クソワロタ!とか草生える感じの迷シーンならかなり記憶に

あるんだけど、心から感動したのって、アニメを見始めてちょうど10年、深夜アニメを

見始めて5、6年経ってもそんなに多くはないんだなぁって感じました。

 でも、なんか独りで名作を見て喪失感や虚無感を味わうと精神的にけっこうくるものが

あるので、たまーーに見る程度にしないとね。

それでは、そっそではなく、彡(゚)(゚)が選ぶ打線をご紹介しましょう!

 

 

1 カレイドスター

選考シーン 最終回 何度見ても泣ける

2 とある科学の超電磁砲

選考シーン 最終回  神OPを使った演出にぐっとくる

3 大正野球娘

選考シーン 最終回  やきうの素晴らしさ、「思い」が伝わる。泣ける

4 ゴールデンタイム

選考シーン 終盤3話  中盤以降のインパクトのあるシーンに負けない神終盤

5 SoltyRei

選考シーン 最終回  あのラストシーン。とにかく「嬉しかった」

6 MADLAX

選考シーン ヤンマーニ回・邂逅回   アニメを見ているという満足感

7 落第騎士の英雄譚

選考シーン  最終回  ここまでの気迫は後にも先にもない

8 戦姫絶唱シンフォギア

選考シーン  12話&最終回  楽曲といえばこれよ

9 Wake Up, Girls! 

選考シーン  最終回   その前の楽曲が発表されたとこが一番好き

P   シティーハンター

選考シーン  ゲッワイ   ゲッワイ。

 

こんな感じですかね

いや、解説とかないんか?って思った諸君へ

解説とか、人と話を別にしようと思わないアニメが上記なんやで

↑じゃあこんなん書くな定期

↑一人レスバやめーや

 

結論

語りたい&一人で感動できるアニメである

ゴールデンタイムが改めて史上最高のアニメだと思いました。

 

語りたいアニメ最強             最高に感動できて好きなアニメ

   ステラ     ゴールデンタイム       大正野球娘。

 

 

みたいな感じか?

さて、いつも通り書いていくうちにだんだんと主旨がぶれまくりました。

では次回は逆に人に語りたいアニメで打線を組めたらと思います。