アニメを愛する10人→11人の精鋭「11人のセレソン」が各々の愛するアニメを語ります。

東京ダイナマイト「2016夏アニメ」

ハチミツ「キミGANGSTA.好きらしいな」

 

松田「お前も好きだろ」ペシッ

 

二人「どうも、東京ダイナマイトです」

 

ハチミツ「あのぉ~あなたアニメとか見るんですか?」

 

松田「アニメは見ない、俺は」

 

ハチミツ「なに見てんの?」

 

松田「ラジオ見てる」

 

ハチミツ「ラジオ見てどうすんの」

 

松田「音が出ねえんだもん」

 

ハチミツ「徳永英明か」

 

ハチミツ「なんか見てんのないんすか」

 

松田「あぁ~一人之下見てる」

 

ハチミツ「一人之下見てます?」

 

松田「あれ見る」

 

ハチミツ「毎週見てます?」

 

松田「今はもうやってねえよ」

 

ハチミツ「今毎週やってんだろ、一人之下」

 

松田「再放送でしかやってねえだろ」

 

ハチミツ「あ~見逃し再放送のやつですか?」

 

松田「もう本放送はやってねぇだろ!」

 

ハチミツ「本放送やってんだろ!毎週土曜日に」

 

松田「去年の秋にやってたんだろ。なんで知らねぇんだよ」

 

ハチミツ「お前櫻子さんのこと一人之下っつってんのか わかるわけねえだろ」

 

ハチミツ「あれ、櫻子さん独身ですけど、一人之下じゃないっすよ

     櫻子さんのこと一人って呼ぶんじゃないよ」

 

松田「まーあと、アニメなんか見てますとね、主人公の熱いセリフなんか

  カッコいいですよね」

 

ハチミツ「カッコいいですよね~曇天火のセリフとか」

 

松田「最近もう逆にね、曇天火みたいな気持ちになってるんですよ」

 

ハチミツ「何の逆がそこまでいったんだ」

 

松田「ちょっと俺やりたいから、ちょっとやって」

 

ハチミツ「じゃああれ空丸やるから」

 

松田「空丸はいいから、オロチやって」

 

ハチミツ「オロチってなにすればいんだよ」

 

松田「え~私は曇天火だ」

 

ハチミツ「天火そんなこと言わねーよ」

 

松田「え~私の人生は、グッチ雄三製フライパン、あ、もとい順風満帆ではありませんでした。」

 

ハチミツ「間違えるわけねぇだろ。パンしかあってねえじゃねえか。風ひけ」

 

松田「私は貧しい家庭で育ちました。父親はピーマンを細かく切って料理に入れてきて」

 

ハチミツ「つむぎの親父じゃねーか」

 

松田「母親は入学式の日に自殺しました」

 

ハチミツ「かけるの母親じゃねーか」

 

松田「ある日、親父はこう言いました。」

 

親父「おい、シンカーが投げれるようになりたいか?」

 

天火「シンカーが投げれるようになりたいよ」

 

親父「シンカーは肩に負担がかかるぞ?」

 

天火「お父さん、シンカーが投げれるようになりたいよ」

 

親父「シンカーの投げ方を教えてあげよう。変化するからとても打ちづらいんだぞ」

 

天火「え、お父さん、シンカーってシンカーみたいに変化するの?」

 

親父「シンカーを投げれるようになるために、山に特訓に行こう」

 

天火「お父さん、山に・・」

 

ハチミツ「話がヘタクソすぎるんだよお前は。しかも天火じゃなくて巧じゃねえか」

 

松田「そして、山へシンカーをマスターしに行った親父は笑いが止まらなく

なってしまいました。」

 

ハチミツ「モノノケ庵の禅子の親父じゃねーか」

 

松田「病室のベットの上で言い残しました。

ももくりさえ見なければ・・」

 

ハチミツ「笑いのツボどこあんだよ」

 

松田「私は父が死んだ夜一晩中泣きました。そして泣きつかれて眠ってしまいました。

そんな私を見て、ヨエル・ラヴォーは言いました。」

 

ヨエル「こたつで寝てんじゃねーよ、ガキ」

 

ハチミツ「クソババアじゃねーか。寝かしてやれよその日ぐらい」

 

松田「そんな私が獄門所の管理人になれたのは」

 

ハチミツ「どんな私だよ。あんたまだこたつで寝ただけですよ」

 

松田「今、滋賀は不安を抱えています。日本の放送局は4話以降放送しない」

ハチミツ「1つだけだろ」

 

松田「山犬に調査させたところ、サーヴァンプの円盤の発売はありませんでした。」

 

ハチミツ「最初からわかってんだろ」

 

松田「腐向けアニメからの脅威。B-PRO、ツキウタ、チア男子、純ロマ」

 

ハチミツ「純ロマはきてないだろ」ペシッ

 

松田「主人公を叩くなよ」

 

松田「お前には重い罰を与える。明日のOZMAFIAはなしだ」

 

ハチミツ「どうでもいいわ」

 

松田「滋賀の未来の涙が、近江を変えてくれた」

 

ハチミツ「orangeのキャッチコピーじゃねーか」

 

松田「近江魂見せてやれ!失敗なんてtreeにするな」

 

ハチミツ「カズキじゃねえか」

 

松田「はなはだかんたんではありますが、あいさつにかえさせてもらいます。

 

カナリアさん、やすらかにお眠りください。」

 

ハチミツ「葬式の弔辞だったのかよ」

 

 

二人「どうも ありがとうございました」