アニメを愛する10人→11人の精鋭「11人のセレソン」が各々の愛するアニメを語ります。

だがしかし 登場駄菓子解説 第3話

 

どうも、子供のころは駄菓子で育った(大嘘)ガンスです

 

1月もそろそろ終わりですね

冬アニメも3話か4話ぐらいまで放送されて自分の好きなアニメ嫌いなアニメが決まってきた頃ではないでしょうか

 

ではでは、今回もみんな大好き「だがしかし」登場駄菓子解説&思い出話をしていきたいと思います

 

 まず最初はこの駄菓子から

f:id:seleson-da:20160125153403p:plain

ブタメン

おやつカンパニーさんで販売しているミニサイズのカップラーメン

 

いや~懐かしいですね

ご存じの方も多いのではないでしょうか

 

このブタメンには現在4種類の味があります

  • とんこつ
  • しょうゆ
  • タン塩
  • カレー

さらにブタメン焼きそばという種類もあります

 

f:id:seleson-da:20160125160841p:plain

どの味を食べようか本当に迷ってしまいますね

 

ブタメンにはプラスチックのフォークがついていますが

お湯を入れて待つ時にフタにフォークを指してフタ止めにしていた人は多いと思います

これはブタメンあるあるですよね

 

ブタメンは1個だいたい6、70円ぐらいなので子供のころに高くて手を出せなかった方も多いでしょう

でも今なら大人買いをして思う存分ブタメンを楽しんでみてはいかがでしょうか

 

 

続いてはこちら

f:id:seleson-da:20160125162824p:plain

くるくるぼーゼリー

東豊製菓さんで販売されている渦巻き状の容器に入ったドリンクゼリー

 

チュルチュルと飲めるドリンクタイプのゼリーです

きれいな容器に入っていて大人も子供も楽しめますね

 

このゼリーは3種類の味があり

ソーダ味クリームソーダ味グレープ味

となっています

 

そういえば昔、このゼリーを罰ゲームで大量に飲まされたような気がする・・・・・・

 

f:id:seleson-da:20160125165340p:plain

 

このくるくるぼーゼリー、あまりにきれいだからと言って

サイリウムの代わりにして振り回すと大変危険ですのでやめましょう

 

 次の駄菓子はこれ

f:id:seleson-da:20160125170818p:plain

ボンタンアメ 

 セイカ食品さんで販売されているボンタンの香りと独特な食感が特徴の駄菓子

 

南国白くまアイスを作っているセイカ食品さんのロングセラー商品です

鹿児島県のお土産屋でもよくみかけます

 

この駄菓子は大正13年に生まれました

なので、幅広い世代が知っている駄菓子です

 

f:id:seleson-da:20160125174941p:plain

このボンタンアメは一口サイズでそれぞれがオブラートで包んであります

 

自分も初めて食べたときはこのオブラートをはがして食べようとしました

オブラート口の中で溶けることを知ったときは驚きましたね

 

f:id:seleson-da:20160125175451p:plain

f:id:seleson-da:20160125175510p:plain

ホタルさんは豆くんの口にボンタンアメを投げ込んでいましたが

ホタルさんは口の中でボンタンアメを回転させるという技術があるからできるので

素人が真似をしてはいけません

 

 最後の駄菓子は

f:id:seleson-da:20160125180113p:plain

セブンネオン

丸義製菓さんで製造されているマンボ菓子

マンボ菓子とはポリエチレンのチューブにコーンスターチを詰めた棒状の菓子のこと

 

f:id:seleson-da:20160125181427p:plain

このセブンネオンという駄菓子は

さや師のようにチューブの中身を歯でこしとるように食べます

 

正直、自分はこの駄菓子は好きじゃなかったです

食べ難いし、そんなに味がしなかったので・・・・・・

今ならこの駄菓子の良さがわかるかもしれないので挑戦してみたいと思います

 

ホタルさんのセリフでも言っていましたが

パッケージについているアルファベットは特に意味がなく

包装屋に在庫が余ってたから、それを使っただけらしいです

 

 

といったところで第3話に登場した駄菓子の解説&思い出話は以上となります

今回はブタメンが出てきて見てたらメチャクチャ食べたくなったなあ

今度、ブタメンパーティーでもやりたいですね

 

それではみなさん良いアニメライフをノシ